Just another WordPress site

制服や水着について

幼稚園オリジナルの制服や水着について

幼児期の頃のお子さんは、本当に可愛らしいものです。無邪気な声や表情、愛らしい笑顔や仕草、時として生意気な態度や強い自己主張など、見ていて飽きることはありません。大切なお子さんが幼稚園にあがる時期、保護者の方々はたくさんの情報を集め始めます。
お子さんにとって合う幼稚園であるかどうか、毎日の送り迎えをする保護者にとっても心地よい環境であるかどうかなど、不安は耐えません。幼稚園制服は各幼稚園ごとにあることがしばしばです。どこまで指定されているかは、幼稚園ごとに異なります。例えば、頭の先から足の先まで、幼稚園のオリジナルのものを身に付けるところもあります。帽子、制服、靴下、上履き、スモッグや名札、カバンや小物類までも指定の場所もあるのです。メリットとしては、毎日着せる服を選ぶ必要がないことや、在園児皆で同じものを身に付けているという一体感や組織への所属意識を育てるなどがあります。デメリットとしては、園によっては制服などの一式に数万円かかること、お子さんの成長スピードが速いと在園中に制服を買い替えなければならないことがあります。
幼稚園オリジナルのものを身に付ける園では、保育時のプールの水着を指定している場合もあります。最近の幼児用の水着は大変おしゃれなものが多いので、指定してもらっていると安心する人もいます。中には、女の子にビキニを着せたり、男の子にだぼだぼの水着を着せたり、保育に向かない選択をする保護者の方もいます。保育に向かない選択は、怪我やいじめの原因となり得ることがあり、現場ではしばしば問題になる声もありますので、指定があることは安心だと感じる人もいるのです。幼稚園で水着の選択について特に話がない場合には、お子さんの動きやすさを重視したものを選ぶと良いでしょう。デリケートなお子さんには、一人での着脱が容易なものがおすすめです。
制服や水着についての指定は、幼稚園によって異なります。気になる幼稚園を見つけた際には早めに問い合わせをすると良いでしょう。
パソコンやスマートフォンかたインターネットでホームページを見ることも良いですが、おすすめは電話をすることです。
幼稚園関係者との会話から、園の雰囲気を察することが出来ます。近所にある園ならば、お子さんと一緒に散歩がてら前を歩いてみることもおすすめです。普段の保育から、着飾っていない先生や園児たちを見ることが出来ます。制服一つで何が変わるのかと感じる方もいるかもしれませんが、お子さんの園生活がより良いものとなるきっかけになる場合もあります。

最新記事

  • 幼稚園の制服の雰囲気にあわせた絵本バッグづくり これから幼稚園に通おうとするとき、お子さんが毎日着ることになる …

    絵本バッグづくり