Just another WordPress site

絵本バッグづくり

幼稚園の制服の雰囲気にあわせた絵本バッグづくり


これから幼稚園に通おうとするとき、お子さんが毎日着ることになる制服はどのようなスタイルのものでしょうか。最近は、幼稚園の制服もさまざまなものが採用されるようになってきました。例えば、黒や紺色のシックなワンピースタイプもあれば、ブラウスとスカートのような可愛らしい組み合わせも見られます。お子さんの指定の制服がどのような雰囲気なのかに依って、一緒に持ち歩くことになる絵本バッグのデザインもイメージを合わせて用意してあげられると良いでしょう。

幼稚園で使うことになるこまごまとした持ち物には、意外といろいろなものがあります。そのなかでも、最も個人の好みや趣向が大きく反映されるアイテムが絵本バッグです。ですから、本人の好みが反映された絵本バッグを用意してあげることで、お子さんが幼稚園に通園し易くもなるので、なおざりにできません。
それでは、絵本バッグのデザインをどのように決めたらよいのでしょうか。どんな生地を使うのか、どんなかたちにするのか、できるだけお母さんの独断で決めてしまうのではなく、お子さんの希望を取り入れながら制作していくと結果的に良いものになります。

まず生地についてですが、柄ものにするのか無地にするのかで大きく雰囲気が分かれます。柄ものにするならば、キャラクターものを選ぶこともできます。無地の場合は、持ち手の配色を変えてみるなどしてアクセントを付けるのも良いです。次にかたちについては、幼稚園のほうからサイズやかたちの指定がある場合が多いですので、それをよく参照しながら作りましょう。最後に機能面ですが、絵本バッグと言っても、絵本だけを入れるだけでなく、ハンカチやティッシュを入れておけるちょっとしたポケットがあると非常に便利です。お子さんの意見も取り入れながら、場合に応じてポケットを付けてあげると良いです。

もし、手作りするのが難しければ、ネット上でもオーダーすることができます。オーダーする際には料金面やデザイン面だけでなく、納期がいつ頃になるのかをはっきりと確認して注文するようにしましょう。ネット上でのオーダーが難しい場合は、近所の手芸店などでも簡単な注文でしたら受け付けてもらえますので、このようなお店を利用するのもおすすめです。

このように、どんなものにするかということを考える過程で、お子さんの好みを詳しく聞いてあげたりしながらコミュニケーションをとることが大切です。お子さんが楽しく通うことができるように、お母さんの腕のみせどころなのです。