Just another WordPress site

名札の穴について

幼稚園の制服と名札の穴について

名札を胸の部分に付けると、どうしても子どもは引っ張ってしまい、時には大きな穴が開いてしまう事も珍しくありません。普段着であればまだ良いのですが、幼稚園の制服などの場合は穴が開いてしまうとなかなか使いにくくなってしまったりする事もあります。では、幼稚園の制服に名札を取り付ける場合、どういう点に気を付けると良いのでしょうか。
一つは安全ピンで取り付ける時に布に刺す部分の間隔を出来るだけ広げるという事です。1㎝間隔で穴を開けるよりも、2㎝、3㎝間隔の方が比較的名札を引っ張りにくくなるので穴が開きにくくなります。これはつけ方だけの問題になるので、毎日胸の部分に取り付ける時に少し注意すれば簡単に行う事ができる方法です。もう一つはワッペンを使うという方法です。現在ではワッペンの下に布テープで作った輪がついているタイプの物が有ります。それを利用すれば制服に直接穴を開ける事にはならないので、いつまでもきれいな状態で着用する事ができる様に鳴ります。ただ注意したいのは、幼稚園によっては制服へのアレンジが禁止されている場合があるという事です。アレンジが可能であればワッペンを一つ位取り付けたとしても何ら問題はありません。しかしアレンジをしてはいけないという場合は、ワッペンを貼り付ける事自体NGとなってしまうので十分注意する必要があります。
もう一つの方法は、幼稚園の制服の胸部分に名札を付ける所を作るという事です。ワッペンがダメな場合は、自分で布テープを用意してきてそれを輪っかにして取り付けてみましょう。そうすればそこに針を通す事になるので、穴が開いてしまう事はありません。ただアレンジがダメだという幼稚園の場合は制服の色と違う布テープが付けてある事自体がダメだと判断されてしまう場合もあります。同じ様な色を探すのは大変かも知れませんが、同じ系統の色合いの布テープを用意して取り付ける様にしましょう。そうすれば目立ちにくいのでそれ程気にする事無く使う事ができる様になります。
基本的に幼稚園の制服には名札を付ける必要があります。しかしまだ無意識のうちに引っ張ってしまったり、どこかに引っ掛けてしまう可能性もあるので、どうしても布地を傷めてしまいがちです。なるべく布を傷めないようにする為にも、補強したり穴を開ける間隔を広くしたりワッペンを付けたり、家庭で出来る色々な技が有るのでそれらを試してみると良いでしょう。