Just another WordPress site

制服は何着ぐ必要?

幼稚園の制服は何着ぐらい必要?

2月の初春を感じるころは、お母様にとって4月から始まる新しい学校生活の準備に取りかかる時期でもあります。その中でも幼い幼児期の子供を初めての集団学校生活に送ろうとしているお母様は不安も多々あります。制服もその一つです。ほとんどの幼稚園は制服着用が様々な理由で義務づけられており、指定の制服を購入することになります。大抵、春夏用と秋冬用に分かれており、春夏用のものは薄手の生地で作られています。さて、幼稚園児の制服は一体何着ぐらい揃えておけばいいのでしょうか?
何着購入しなければならないという義務はありませんが、一般的に幼稚園児には各季節ごと2〜3着ほど購入しておくことをお勧めします。その理由として、幼児期の行動性が挙げられます。幼児期は服を汚す事を気にするより、遊びに夢中になりがちです。幼稚園の園内で遊ぶときも水溜りがあろうと埃まみれであろうと、楽しい遊び場となります。また昼食時は気をつけていても食べこぼしをしてしまいます。そんな幼稚園児のユニフォームはお迎え時には、朝お見送りした時とはほど遠い姿となって帰ってきます。そのため、最低2、3着揃えておくと替え用として使用出来るので便利でしょう。特に汗をかきやすい春夏ものは上と下が分かれている制服の場合は、上のブラウスなどを3着ほど購入しておくとお洗濯にも便利となります。その他の理由として成長速度が挙げられます。幼児期の発達は著しく、体重や身長もみるみる増加します。そのため、汚れるからと言ってあまり多くの制服を購入してもすぐに体に合わなくなってしまいます。幼稚園児の服を2、3年そのまま着用することはほとんどないでしょう。ご家庭の事情でかなり大きめのユニフォームを購入しておいて、翌年にも同じものを着用させている事もあります。あまり汚れが目立たないジャケットやスカートなどをそのように着用することは可能かもしれません。しかし、洗濯回数の多いブラウスなどのインナーは一年もすればかなり消耗してきます。運動量の少ない大人しい幼児でもユニフォームの長年使用は難しいと思われます。しかも、あまりオーバーサイズでぶかぶかのものを着せるのも、幼児が動きにくく格好も滑稽になってしまう事もあります。
このような理由から、幼稚園児の制服は各季節ごとに2〜3着購入すると良いでしょう。個人差にもよりますが、活発な幼児の園生活を快適に送れるようサポートするために少しの替えを用意しておくことをお勧めします。